Loue is...

Love is...

20代ママ綺麗になりたい ニキビ肌から美肌へ 日常やニキビ・スキンケア情報を発信します

ニキビ肌だからこそクレンジング選びは慎重に

ニキビに悩みだしてクレンジングは色々使いました。

オイル、ミルク、ジェル、クリーム

たくさん種類があって迷いますよね。

ニキビを悪化させたくないけど、しっかり汚れは落としたい。

それぞれの性能を理解して肌に合うクレンジングを使いたいですね。

クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強くメイクをしっかり落とせます。

濃いメイクをしたときは、スッキリ落とせて良いですよね。

しかし、お肌の皮脂まで落としてしまうと言われているため

お肌の弱い方には注意が必要になります。

そんなクレンジングオイルですが、正しい使い方をすれば欠点を補うメリットもあります。

クレンジングオイルはメイクだけではなく、

空気中の汚染物質まで落とすことができます。

たつきやすく皮脂の多いTゾーンにもぴったりです。

また、落ちにくいマスカラなどポイントメイクもしっかり落とすことができます。

汚れや皮脂をよく落とす理由は、界面活性剤が多く含まれているから

界面活性剤によって汚れを浮き上がらせることができるのです。

※界面活性剤とは

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。

クレンジングオイルの性質

オイルクレンジングは強い洗浄力を持つため肌への負担が大きくなり

肌に悪い思い避けられがちですが、洗浄力の弱いクレンジングでは

メイクをしっかり落ときれなかったり、毛穴汚れを落とすために

必要以上にこすってしまったりと、かえって肌にトラブルを起こしてしまう

原因を作ってしまう場合もあります。

それに油汚れは水では落ちにくく、オイルに溶ける性質があります。

オイルは効果的に油汚れを落とせる利点があります。

しかし、ニキビの出来やすい肌の方は、オイルが残らないように

しっかりと洗顔をしましょう。

♪ニキビの原因は?無料サンプルもらえますよ。

ミルククレンジング

乾燥で悩んでいる方におすすめのクレンジングです。

ミルククレンジングの特徴はなめらかなテクスチャーです。

肌荒れや乾燥が気になる方にも使いやすいと思います。

しかし、メイクの落ち方はおだやかな傾向にありますので

軽いアイメイクやベースメイクなどであればミルククレンジングで

落とすことはできますが、しっかりメイクをする場合は

ポイントメイクリムーバーを使いましょう。

ミルククレンジングの性質

ミルククレンジングを使う際は、乾いた手にミルクを取ってください。

そして肌に馴染ませる前に両手のひらで温めましょう。

なぜ温めてから使うのか

油分が含まれたミルクは油に水が包まれている状態です。

人肌などで温まることによって水分が蒸発し、

次は油が水を包み込んだ状態になります。

この油分がメイクや皮脂を落としやすくしてくれます。

ミルククレンジングは、メイクと馴染ませるときのすべりがよく

なめらかなテクスチャーが特徴です。

伸びがよいので、なるべくこすらずに肌に馴染ませることができます。

また、メイクを落とした後もしっとり感を得やすいことも特徴です。

クレンジングによって乾燥したりデリケートになりやすい方には

ミルククレンジングがおすすめです。

♪肌の乾燥にはこれが良いです。↓↓

クレンジングジェル

クレンジングジェルには、

水溶ジェルタイプと油性ジェルタイプの2種類があります。

さらに、水溶ジェルタイプにはオイルフリーやオイルインのものもあります。

それらの特徴は全く異なります。

ジェルクレンジングの特徴

水溶ジェルタイプ

  • オイルフリー

オイルフリーだと、マツエクを付けている方でも使用できます。

またナチュラルメイクの人にもおすすめです。

オイルが含まれていないので、さっぱりとします。

  • オイルイン

このタイプは界面活性剤と油分を少し配合しています。

よく私たちがお店で見るクレンジングジェルはこのタイプです。

伸びがよく、洗い上がりもさっぱりします。

油性ジェルタイプ

オイルをジェル状にしたクレンジングになります。

メイクの落ちにとても優れていますので、マスカラやファンデーションも

しっかりと落とすことができます。

メイクに馴染みやすく、ジェル状なので摩擦が少なく済みます。

クレンジングクリーム

名前の通りクリーム状です。

そのため適度な厚さと硬さがあります。

手と肌の間でクッションのような役割をするので、

摩擦による肌負担が少なくできます。

また、肌にうるおいを残しやすいのも特徴です。

油分を多く含んでいるため、メイクなどの汚れを落とした後も

肌がしっとりしていますので乾燥しやすい方には使いやすいと思います。

クリームクレンジングには、洗い流しタイプと拭き取りタイプの2種類があります。

洗い流しタイプはぬるま湯で落とせますが、拭き取りタイプは

拭き取り化粧水などを使って落とさないと油分が強く

落としきれないこともあるので注意が必要です。

ニキビ肌のクレンジングは?

オイルやミルク、ジェル、クリームの性質などを紹介しましたが

ニキビによいクレンジングは?ってなったと思います。

メイクの濃さやお肌の状態で選ぶクレンジングは変わってくるので

性質をしっかり理解した上で選んで見てください。

私はニキビが出来はじめてからもずっとオイル使ってました。

メイクはあまり濃くしないためオイルだと皮脂を取りすぎて 乾燥していました。

クレンジングオイル→洗顔のWで皮脂を取り除いてました。

乾燥しますよね。当たり前です。

落ちがよい方が、ニキビできないだろう!という思い込みで

乾燥するにも関わらず使っていたんだからバカです。

これを機械に、クレンジング見直してみてください。

こんな記事も書いてます( ´∀`)

ruimama8.hatenablog.com

♪内側からのケアも忘れずに↓↓

ビタミン全13種類をぎゅっと1粒に!「1日分のビタミン」


美容・ビューティーランキングへ

広告を非表示にする